【第8回】 贈与していないのに贈与税がかかる?

第1回~24回

前回のコラムでは、妻が夫の預金口座から自分の口座にこっそりお金を移しても、夫から妻へ「贈与」がされていないなら、妻名義の口座にあるお金でも、「持ち主」は夫のままだとご説明しました。

たとえ夫婦の間でも、夫から妻へ「贈与」がされて、名実ともに妻の預金になっていたなら、もらった妻には贈与税がかかります(贈与を受けた金額が、贈与税の基礎控除額である年110万円を超えた場合)。

「贈与をしていないのに贈与税がかかる」こともある

でも、「贈与」がされていないなら、絶対に贈与税がかからないかというと、実は「贈与をしていないのに贈与税がかかる」こともあるのです。

贈与税がかかる贈与には
(1) 民法上の贈与 【普通の贈与】
(2) みなし贈与 【相続税法上の贈与】
の2種類があります。
贈与をしていないのに贈与税がかかる」のが、(2) の「みなし贈与」です。

(1) の「民法上の贈与」とは、前回のコラムでご説明した「あげた」「もらった」という両者の意思がある、普通の贈与のことです。

(2) の「みなし贈与」とは、「あげた」「もらった」がないけれど、実際には、ある人が何らかの経済的な利益を受けているような場合です。
「あげた」「もらった」がなかったとしても、得をしている人に贈与税を課さないのは不公平なので、贈与があったと「みなして」贈与税を課すのです。

妻が夫の預金口座から無断でお金を引き出して、好き勝手に使ってしまったケースや、子どもが認知症の親のお金を使い込んだケースでは、妻や子に贈与税がかかります。

「贈与をしたのに贈与税がかからない」こともある

その一方で「贈与をしたのに贈与税がかからない」ということもあります。

たとえば、単身赴任中の夫が別居している妻へ、または、父が一人暮らしをしている息子へ、年間110万円を超えてお金を振り込んでも、それが生活費の仕送りや学費なら、贈与税はかかりません。
夫には、妻や子を扶養する義務があり、通常の生活費や教育費に充てるために必要なお金をその都度振り込むのなら、金額に関係なく、贈与税は非課税だからです。

税務上は、単に形式だけではなく、実態を重視して様々な判断がなされます。
人間と同じように、大切なのは外見じゃなく中身、なのですね。

-第1回~24回

関連記事

【第16回】 広大地バンザイ?

※この「広大地の評価」は、平成29年12月31日以前に相続があった場合に適用できる規定です。 平成30年1月1日以降の相続については「地積規模の大きな宅地の評価」の適用を受けられるかを検討して下さい。 …

【第11回】 「自宅の土地の8割引特例」の勘違い

最近は、相続税の特集を組めば雑誌の売れ行きがよいそうで、小規模宅地等の特例(いわゆる、自宅の土地の8割引特例)に関する記事も増えました。 でも、税理士の立場から見ると、他の相続税の記事に比べて間違いが …

【第4回】 相続税の申告を間違えたら、いつまでに直した方が得?

税務署に提出した申告書に誤りがあり、払うべき税金が不足していたことに、ハッと気づいたとします(仮定の話です)。 相続税の申告を直す方法 その場合、正しく直す方法は2通りあり ・納税者側から修正する・・ …

【第12回】 「亡くなった人判定」から「もらった人判定」へ

※平成30年4月追記済 「自宅の土地の8割引特例」とは、亡くなった人の自宅の土地は、一定の面積(330m2)まで8割引で相続税を計算できるという特例です。 「自宅の土地の8割引特例」の条件 この特例が …

【第3回】 相続税がかかる人が増えたのは、なぜ?

「平成22年分の相続税の申告の状況について」が、2012年4月25日に国税庁から公表されました。震災の影響で申告期限が延長されていたこともあり、例年より約4ヶ月遅れです。 「平成22年分の相続税の申告 …