【第10回】 贈与の証拠の残し方

第1回~24回

先日、あるお客様から
「お孫さんへ贈与をするなら、当行の『定額自動送金サービス』がおすすめです、と
銀行の方に言われたのですが、先生、問題ないでしょうか」というお電話を頂きました。

問題、大ありです。それは贈与ではありません!

というわけで、今回は「贈与の証拠の残し方」についてです。

贈与でもらったものだと税務署に主張するには「証拠」が必要

自分の名義になっている預金について
それを過去に贈与でもらったものだと税務署に主張するには、必ず「証拠」が必要です。

【 贈与の証拠 】

(1) 贈与契約書 ― 民法上 ―
「あげた」「もらった」という意思があったことを証明するため。
もらったと口で言うだけでは、証拠にならず。すべて書面で残しておくこと。

(2) 印鑑・通帳の管理や支配、自由な使用収益 ― 税務上 ―
もらった人がもらった財産を持ち、自由に使えていること。
本当にもらったのなら当たり前。

(3) 贈与税の申告納税 ― さらに ―
年間110万円を超える額の財産をもらったら、当然、その義務あり。

相続税の法令や通達には「贈与」という言葉の定義がありません。
そのため税務署も、まずは民法の考え方に従います。

民法上、贈与は承諾によって成立する契約である以上、お互いの了承がない贈与はありえません。
だから、「あげた」「もらった」という証拠が必ず必要です。

これが(1)。

でも税務上は、贈与税がかかる贈与として、
「民法上の贈与」以外に第8回のコラムでご説明した「みなし贈与」というものを定めているように、
ある人が得をしたなら、その得をした部分には贈与税をかけてもよいと考えています。

つまり、もらった財産がその人に引き渡され、
「その人が使える=実際に得をしているという事実」が、
贈与について考える上では最も重要視されます。

これが(2)。

さらに、年間110万円を超える額の財産をもらったなら、贈与税を納めるのが国民の義務です。

これが(3)。

とはいえ、実際には、どこまで細かく証拠を残しておけばいいのでしょうか。

客観的に証明できる贈与の証拠を残しておくことが大切

過去に贈与があったとも、なかったとも、どちらともとれそうなあいまいな証拠しかなければ、
私たちと同じように税務署も、自分の立場が有利になる考え方をするのは当然です。

税務署は、税金が取れるような主張をするでしょう。

事実に反することを税務署から言われないためには、
自分の言い分を客観的に証明できるよう、できるだけ多く贈与の証拠を残しておくことが大切です。

どこまで細かく証拠を残すかは、その人がどの程度、確実にしておきたいか次第なのですね。

定額自動送金サービスは、贈与ではありません。
生前贈与を行う際には、(1)から(3)の贈与の事実を立証するための3要件をくれぐれもお忘れなく。

-第1回~24回

関連記事

【第6回】 遺言で愛する妻の再婚を阻止する方法

先日、ウィーン・フォルクスオーパーのオペレッタ「メリー・ウィドウ」の日本公演を観に行きました。 メインテーマは「大富豪の夫から多額の財産を相続した未亡人ハンナの再婚相手は誰か?」。 彼女には財産目当て …

【第3回】 相続税がかかる人が増えたのは、なぜ?

「平成22年分の相続税の申告の状況について」が、2012年4月25日に国税庁から公表されました。震災の影響で申告期限が延長されていたこともあり、例年より約4ヶ月遅れです。 「平成22年分の相続税の申告 …

【第17回】 養子の子は養子?実子?

先日、あるお客様に相続税の試算結果をご説明したところ、「金融機関が試算してくれた金額とかなり差がある」と言われました。 確認させて頂くと、養子に関する取扱いの違いから、相続税にも大きな違いが生じていた …

【第4回】 相続税の申告を間違えたら、いつまでに直した方が得?

税務署に提出した申告書に誤りがあり、払うべき税金が不足していたことに、ハッと気づいたとします(仮定の話です)。 相続税の申告を直す方法 その場合、正しく直す方法は2通りあり ・納税者側から修正する・・ …

【第23回】 税務署が贈与を見つけるとき

昨年の11月、国税庁のホームページに平成23事務年度における相続税の調査事績が公表されたとき、例年との違いについて大きな話題になりました。相続税に加え「贈与税」の調査事績も初めて公表されていたからです …