相続のエキスパート            

福田真弓税理士事務所相続・家族・財産カウンセリング

人生に、サステナブルな豊かさと心の健康を

Sustainable wealth and mental health

【第21回】 妻の老人ホーム入居金、夫が払うと贈与になる?

第1回~24回

妻の老人ホーム入居金に贈与税は課されるか?

介護保険がスタートして約13年。要介護認定を受け、自宅で介護サービスを受ける方も増えました。
介護保険は現物給付が原則ですが、1割の自己負担部分や生活費などを、介護を受ける本人ではなく、配偶者や家族が負担することもあるでしょう。

民法上や税務上、配偶者と直系血族、そして兄弟姉妹同士はお互いに扶養の義務があります(民法第752条・877条、相続税法第1条の2)。
夫が妻の介護費用を払ったり、別居している子どもが親の介護費用を払ったりしても、そのお金に贈与税はかかりません。相続税法第21条の3に「扶養義務者相互間において生活費や教育費に充てるためにした贈与により取得した財産のうち通常必要と認められるもの」には贈与税を課さないと、きちんと書かれています。

では、妻が要介護状態で、介護をする夫の側も高齢なので自宅で介護を行うのが難しく、妻を老人ホームへ入居させる決断をしたとします。
専業主婦であった妻は、金融資産を持っていません。入居金は夫や子が負担せざるを得ませんが、このお金にも贈与税は課されないのでしょうか。

事例にみる 贈与税の非課税かどうか

「通常必要と認められるもの」なら、贈与税の非課税財産です。
でも、何が通常必要かは生活レベルによっても違い、当然個人差があります。法令や通達にはどこまでが非課税なのかが書かれていないため、税務調査の場面でも争いが生じているのです。

国税不服審判所の裁決事例では
(1) 平成22年11月19日の裁決(入居金945万円)→贈与税は非課税
(2) 平成23年6月10日の裁決(入居金1億3,370万円)→贈与税は非課税ではないと、「配偶者の年齢や老人ホームでの介護を必要とする度合い」や「老人ホームの設備内容」などを基に、異なる判断がされています。

「介護付きか否か」「居室の広さ」「娯楽施設の有無」など、老人ホームといっても千差万別です。(2)のような超高級有料老人ホームは別として、たとえば(1)と(2)の中間、入居金が4~5,000万円の老人ホームの入居金だったらどう判断したらいいのでしょうか。
また、要介護認定でどの段階だったなら、自宅での介護が困難だと税務署が認めてくれるのかも分からないのが悩ましいところです。

それに、親の老人ホームの入居金を子が負担するケースもあるでしょう。
裁決事例では、「社会通念に従って通常必要な費用かどうかを判断する」と言っていますが、その分岐点ははっきりしません。長年苦労をかけた親に、少しでもいい老人ホームに入ってほしいと思った親孝行な子どもの思いに、贈与税を課される可能性だってあるのです。

平成27年からは、相続税の課税対象者が大幅に増えます

夫が妻の老人ホームの入居金を負担して、3年以内に亡くなると、たとえそのときには贈与税が課されなくても、相続税の生前贈与加算の対象になり、その入居金に相続税が課される恐れがあります。
小規模宅地等の特例以外にも、終の棲家を選ぶ際は相続税や贈与税に要注意、です。

-第1回~24回

関連記事

【第13回】 どうする? 海外の財産

富裕層の方の中には、海外にある不動産や現地に支店がある金融機関に預金をお持ちの方もいらっしゃると思います。 そこで、新たに創設された「国外財産調書」の提出制度について確認してみます。 国外財産調書制度 …

【第10回】 贈与の証拠の残し方

先日、あるお客様から 「お孫さんへ贈与をするなら、当行の『定額自動送金サービス』がおすすめです、と 銀行の方に言われたのですが、先生、問題ないでしょうか」というお電話を頂きました。 問題、大ありです。 …

【第5回】 兄には絶対、財産を残したくなかったら?

「遺言書を作りたい」という男性が、事務所にお越しになりました。 子どもはなく、さらに妻にも先立たれ、ご両親も既に他界しているので、法定相続人は兄だけです。 でもその兄とは、お父様の相続のときにもめた結 …

【第20回】 本当に必要な相続税対策とは

平成25年度の税制改正で、相続税は増税され贈与税は緩和される方向です。「相続税対策が必要なのかな」と、漠然とした不安を感じる方も増えるでしょう。 そこで、新たに相続税の対象となる財産額が5000万円~ …

【第18回】 財産をもらうはずの人が先に亡くなったら?

前回のコラムでは、親より先に子が亡くなり、さらに養子がいた場合、相続人や相続分、相続税の計算がやや複雑になるとお話しました。 でも、親子の間でこの世を去る順番が逆転することは、決してめずらしくありませ …