《共著》新訂版 身近な人が亡くなった後の手続のすべて

《共著》新訂版 身近な人が亡くなった後の手続のすべて

著書: 児島 明日美 (著)、福田 真弓 (著)、酒井 明日子 (著)、児島 充 (監修)

出版社: 自由国民社

出版日: 2020年10月


葬儀・法要から、健康保険、年金、相続手続、預貯金の解約、相続税、生前対策まで
備えておきたい いちばん身近な参考書

初版発行以来、70万人以上の方に手に取っていただいた本の「新訂版」です。

「配偶者居住権」「預貯金の払戻し制度」「手書きの遺言書の要件緩和」
「手書きの遺言書を法務局で保管する制度」「夫婦間の贈与と税金」など、
令和になって新しくできた制度や改正された制度を反映しました。

相続法の改正だけでなく、データや様式を最新に差し替え、
初版や新版についていただいた意見を基に「わかりやすく伝わりやすい言葉に」
という観点から、ほぼ全ページにわたって改訂を施しました。

期限に間に合うよう、二度手間にならないよう、様々な手続をわかりやすく整理。
いつまでに何をしなければならないか、手続の流れがしっかりわかります。

実際に身近な方が亡くなって様々な手続にとりかからなければならない方、
これからそのような場面をむかえる可能性がある方に、
いちばん身近な参考書として活用していただけけるよう、この本を作りました。