令和5年分の路線価が公表されました。全体的に上昇傾向です

相続税相談の現場から

昨日、7月3日に、令和5年(2023年)分の路線価が公表されました。

令和5年中に亡くなった方の相続税や、贈与を受けた方の贈与税は

この令和5年分の路線価図・評価倍率表を使って計算します。

路線価、全国的には上昇傾向

今年の路線価は、コロナが落ち着き景気も回復しつつあるため、全体的に上昇傾向です。

全国に約32万地点ある、標準宅地の路線価は、平均で前年比1.5%上昇していました。

とはいえ、これはあくまで全国平均なので、下落している県も多くあります。

(青森、栃木、群馬、新潟、山梨、富山、福井、岐阜、静岡、三重、
奈良、和歌山、鳥取、島根、徳島、香川、愛媛、高知、宮崎、鹿児島、以上20都道府県は下落)

一方、東京都は前年比3.2%も上昇しています。

都内の税務署管内ごとの最高路線価は
前年比で下落した地点はひとつもなかったそうです(すべて上昇、または横ばい)。

山手線の内側は5%ほど上昇

路線価の公表は毎年7月1日前後なので
1月に亡くなった方の申告期限である11月までは、残り4ヶ月しかありません。

そのため税理士は、公表前は前年(令和4年)の路線価で相続税を仮計算しておき

今年(令和5年)の路線価が公表され次第、急いで路線価を入れ替え
土地の評価額や相続税額を確定させています。

私も、昨日、今日はその作業をしていましたが
山手線の内側エリアは、前年比で5%ほど路線価が上昇しているように感じました。

60万円→63万円
95万円→99万円
115→120万円

といった感じです。

今年は上場株式もバブル後最高値を更新しており、相続税の負担感が増しそうです。

同じ場所の路線価の推移を確認したいとき

ちなみに、同じ場所の路線価を、過去複数年にわたって確認したいとき

路線価図のトップページから、該当する年をひとつひとつ選んでいってもよいですが
それだとサイトを行ったり来たりする手間がかかります。

その場合、URLの一部を手入力で直して調べた方が、断然早く確認できます。

たとえば、令和5年分の路線価のURLが以下なら

https://www.rosenka.nta.go.jp/main_r5/tokyo/tokyo/prices/html/21021f.htm

令和4年は
https://www.rosenka.nta.go.jp/main_r4/tokyo/tokyo/prices/html/21021f.htm

平成30年は
https://www.rosenka.nta.go.jp/main_h30/tokyo/tokyo/prices/html/21021f.htm

なので、太字部分だけを変えれば、該当するページが表示され、早いです。

ただし、URLのパターンが同じなのは、平成29年までになります。

税理士以外のニーズはないかも、ですが
土地の価格の推移が気になったときには、簡単に調べられます。

ご興味があれば、試してみて下さい。

-相続税相談の現場から

関連記事

「保険ギライ」:会社の「もしも」は考えるが、自分の「もしも」は優先順位が低い

今回より、このコラムにて、日頃の業務やささいな出来事から感じたこと・考えたことなどをつづっていきたいと思っています。どうぞよろしくお願い致します。 税理士・会計士は「保険ギライ」? 初回のタイトルは「 …

もらう人が決めるから、もめる「遺産分割協議」

「もめると分かっている」相続が多すぎる! 「相続財産は自宅とわずかばかりの金融資産。生命保険への加入もなし。相続人である子どもは複数いて、そのうちひとりが被相続人と同居中」――。こんな相続税の申告事案 …

相続税の連帯納付の義務がなければ、とことんもめても大丈夫?

先日、ある弁護士さんと税制改正の話になりました。 平成24年度の税制改正で「相続税の連帯保証人制度」が変わりました 今、話題になっている「消費税増税法案」、正式名称「社会保障の安定財源の確保等を図る・ …

ダイヤモンド・ザイ2023年12月号「新NISAのQ&A32」に取材協力及びコメントしています

ダイヤモンド・ザイ2023年12月号の特集「新NISAのQ&A32」にて 「相続対策にも有効!?家族の非課税枠活用法」について取材協力とコメントをしています。 ※ 家族だけど非課税枠はないヒト …

養子の子は養子?実子?

先日、お客様に相続税の試算結果をご説明したところ 「金融機関が試算してくれた金額とかなり差がある」と言われました。 確認させて頂くと、養子に関する取扱いに誤りがあり相続税に大きな違いが生じていました。 …