戦国武将の描き方と遺産相続の類似点

相続税相談の現場から

明智光秀の別人さに驚く

NHKの大河ドラマは、戦国時代をテーマにしたものが多いですね。

私は歴女でもなく、山川の日本史シリーズで学んだ程の知識しかありませんが
同じ戦国武将でも、その描き方がドラマごとに全然違っていて驚きます。

最近の一番の衝撃は、明智光秀。

2020年の「麒麟がくる」で、長谷川博己さんが演じたかっこよくて切ない光秀と

今放映されている「どうする家康」で見た光秀が、別人レベルで違い、驚きました。

同じ人なのに描き方が全然違う

別人レベルだったのは、俳優さんのイケメン度とかではなく、その「描き方」。

明智光秀がいったいどういう人で
本能寺の変に至るまでの環境や背景はどうだったか。

ドラマはフィクションとはいえ
ベースは現存する様々な資料を専門家が分析し、ある程度確定された史実のはずなのに
解釈にはかなりの幅というか差があります。

これって遺産分割協議のときの、相続人ごとの記憶の差に似ているなあと。

家族の中で、過去に起こった「事実」はひとつのはず。
でも、相続人のみなさんが各自「覚えていること」にはズレがあり、時には大幅に違っていたり。

人間は、自分の認知的不協和を解消するため
大なり小なり、都合のいいように記憶を変えてしまうからかもしれませんが。

誰の目を通して見た事実かにもよるから

それに、戦国武将に関しても
現存する資料は、誰か特定の立場や意図を持った人によって、語り継がれたもので

事実はひとつでも、それが誰の目を通して見て語られた事実なのか。
それ次第で、善と悪は180度変わってしまいます。

相続も同じで、「完全に客観的な立場の第三者」という存在は
私たち専門家を含めて誰もいません。

空中から全体を、俯瞰しているだけのドローン人間でもいれば別ですけどね。

歴史も遺産相続も、「これが事実で善」だと呼べるものはないよね、と
明智光秀の最期を見ながらぼんやり考えていました。

-相続税相談の現場から

関連記事

成年後見制度と相続(前編)

65歳以上の4人に1人が認知症及びその予備軍 厚生労働省の調査によると、日本では65歳以上の方のうち、認知症の方は約462万人、軽度認知障害の方も約400万人に上り、4人に1人が認知症及びその予備軍だ …

マンションの相続税評価の改正、国税庁から新通達が公表されました

国税庁、マンションの相続税評価について改正新通達を公表 10/6に国税庁は、マンションの相続税評価について、新しい通達を公表しました。 居住用の区分所有財産の評価について(法令解釈通達) これにより、 …

財産をもらうはずの人が先に亡くなったら?

前回のコラムでは、親より先に子が亡くなり、さらに養子がいた場合、相続人や相続分、相続税の計算がやや複雑になるとお話しました。 でも、親子の間でこの世を去る順番が逆転することは、決してめずらしくありませ …

生前贈与 契約書で証拠残す

孫名義の口座に毎年110万円ずつ振り込み、生前贈与しています。 無駄遣いを防ぐために本人には知らせていませんが、問題ありませんか? 誤解だらけの生前贈与 生前贈与についての誤解をよく耳にします。 「家 …

税制改正で贈与税はホントに減税?

平成25年度の税制改正大綱を読むと、「相続税」は税率のアップや基礎控除額の縮小などの増税が予定されています。 一方、「贈与税」は減税傾向だと言われていますが、本当にそうなのか(法律や政令はこのコラムの …