【第45回】 成年後見制度と相続(前編)

第37~48回

65歳以上の4人に1人が認知症及びその予備軍

厚生労働省の調査によると、日本では65歳以上の方のうち、認知症の方は約462万人、軽度認知障害の方も約400万人に上り、4人に1人が認知症及びその予備軍だそうです(2012年時点)。

認知症により意思能力が低下すると、「銀行でお金をおろす」「スーパーで買い物をする」「病院を受診し薬を処方してもらう」などの日常生活に支障が生じます。
そのため、振り込め詐欺や悪質な訪問販売などの、より大きな被害にあわないよう、本人を法律的に支援する「成年後見制度」の活用が積極的に進められています。

しかし、税理士の立場では、特に富裕層の顧客に関し、成年後見制度の融通のきかなさに困ることがあるのです。

資産家には成年後見制度は活用しにくいこともある

一番の問題点は、成年後見制度は原則的に、「本人」の利益を守ること「だけ」を考える制度だという点です。
本人には十分すぎるほどの金融資産があったとしても、子や孫へ贈与を行うことはできません。株式や不動産投資などの資産運用も制限されます。さらに、本人の妻も認知症になったので老人ホームに入居させたくても、夫の金融資産から妻の入居一時金の支出が認められるかは、金額が多額になると難しくなってしまいます。

家庭裁判所は、本人を援助する「成年後見人」を選任した後も、成年後見人に毎年の財産や収支の状況を報告させ、不正がないかを厳しく監督します。
認知症患者の家族による金融資産の使い込みが多発している現状を鑑みれば、やむを得ないのかもしれません。
しかし、本人の保護「だけ」が目的という制度は、不利益な税制改正や家族状況の変化などにフレキシブルに対応したい資産家には、活用しにくいこともあるのです。

最近は親より先に、子が認知症になることも

そうは言っても、成年後見制度を使わざるを得ないケースはあります。
最近では預金の引き出しについては本人確認が厳格化され、家族が代理で行うには限界がありますし、本人が介護施設へ入所するに際しても、契約当事者としての能力がないことも考えられます。

たとえば、相続の場面では、父の遺産分割協議を行う際、相続人である母や子、父の兄弟などが既に認知症だということがあります。

遺産分割協議は一種の法律行為であり、相続人の認知症の程度が重ければ、成年後見人を家庭裁判所に選んでもらった上で遺産分割協議を行う必要があります。
また、既に子が認知症の母の成年後見人になっている場合、父の遺産分割協議を母と子で行うには、子は父の遺産分割によって得られる利益が母と相反するので、家庭裁判所に遺産分割協議書の案を提出し、別途、母の「特別代理人」を選んでもらわなければなりません。相続税のかかる方の場合には、10ヶ月以内という申告納税期限まで、時間との闘いになります。

次回のコラムでは引き続き、認知症と相続税についてご説明します。

-第37~48回

関連記事

【第43回】 もらう人が決めるから、もめる「遺産分割協議」

「もめると分かっている」相続が多すぎる! 「相続財産は自宅とわずかばかりの金融資産。生命保険への加入もなし。相続人である子どもは複数いて、そのうちひとりが被相続人と同居中」――。こんな相続税の申告事案 …

【第39回】 母の財産は誰のもの?

母の財産は誰のもの? 私が参加している「相続・後見マネー塾」では、メンバーが月に1回集まって、相続、後見、年金、生命保険などの各自が抱える事案につき、相談や議論をしています。 先日は雑談中に「父が亡く …

【第48回】 「したつもり贈与」の落とし穴

前回に引き続き、贈与について考えます。 「贈与したつもりだったのに…」という事態を避けるには 他にも「預金の名義を変えたら贈与になる」「贈与税の申告書を税務署に提出し、贈与税を納めれば、そ …

【第46回】 成年後見制度と相続(後編)

前回に引き続き、認知症と相続税について考えます。 父が残した遺言書が認知症である母の遺留分を侵害していたら? たとえば、相続の場面では、父の遺産分割協議を行う際、相続人である母や子、父の兄弟などが既に …

【第40回】 贈与の前に母の長生き対策を

生前贈与が相続争いの火種を作る原因に 相続税の軽減対策ではなく、相続対策、つまりもめない相続を目指すという観点からは、生前贈与を行わない方がいいケースが多くあります。 生前贈与を考慮して相続時の取り分 …