【第33回】 どうする?名義株

第25~36回

法人税申告書の別表2で株主構成を確認できる?

相続税の試算を行うため、お客様がお持ちになった資料を確認しようと、法人税の申告書を上から1枚めくったところ、別表2の「同族会社等の判定に関する明細書(以降、別表2)」の株主欄には「祖父・父・長男」3人の名前が記載されています。

「おじい様が全額出資して設立した会社だと伺いましたが、過去に贈与や譲渡があったのですか?」と尋ねると、長男は「10数年前、祖父から『会社の株主を変えた』と聞かされました」とのこと。
贈与契約書はなく、贈与税の申告納税はしていないそうです。

また、この3人の保有株式数を合わせても、登記簿謄本に記載された発行済株式総数には足りません。どうやら当時、従業員や第三者の名前にも「株主を変えた」らしいのですが、それに関する資料は一切見当たらないとのことでした。

株主の氏名や保有株式数は、会社法上、会社に備付義務がある「株主名簿」で確認することが可能です。
しかし、株主名簿が会社に存在しない上、すべての経緯を知る祖父は現在重度の認知症。果たして祖父が家族や第三者に自社株を贈与したのか、それとも単なる“名義株”で、すべてが祖父のものなのかが分かりません。

1株あたりの株価が20万円、祖父名義の1,000株だけなら2億円なのですが、発行済株式総数3,000株の全てなら、祖父の財産は6億円になってしまいます。

名義株なのか違うのか、それが問題だ

株主名簿がなく、株主の分かる資料が別表2だけという会社は、決してめずらしくありません。しかし、相続税の税務調査で名義株について否認され、追徴課税された顧客が「株主名簿がないとしても、税理士なら真の株主を確認する義務があったはず」と相続税の申告を行った税理士に損害賠償を求めた例もあり(東京高裁 平成25年1月24日判決)、誰が本当の株主なのかは慎重に判断しなければなりません。

「祖父は子や孫などに、過去に自社株を贈与した。
だから祖父の保有株式数は1,000株だけである」と考えてもよいのでしょうか。

この会社が、会社社法上、現在の原則である「株券不発行会社」なら、贈与の当事者である祖父ともらった人たちの双方に、「あげた」「もらった」という意思さえあれば、それで贈与は成立します。

しかし、贈与の事実を当事者以外の第三者、例えば税務署に主張するには「株主名簿の名義書換」も必要になるのです。
これを対抗要件(既に当事者間で成立した法律上や権利上の関係を、当事者以外の第三者に主張するために必要な要件)といいます。株主名簿があれば、長男や孫が「この株は祖父からもらったから、確かに僕のものだ!」と言えるかもしれませんが、今回は肝心の株主名簿がなく、そういった主張ができません。

また、平成18年の会社法施行前から存在している会社の場合には、旧商法の規定通り、「株券発行会社」(今の会社法とは逆の取り扱い)になっていることが多いでしょう。この場合、あげる人からもらう人への「株券の引渡し」がないと、第三者への対抗要件を満たさないのです。

次回のコラムでは、自社株に譲渡制限が付されている場合についてご説明します。

-第25~36回

関連記事

【第26回】 贈与=相続税対策じゃないってホント?

精算課税での贈与に相続税上のメリットはない 生前贈与が相続税対策として優れている点は2つあり、1つ目は、贈与により相続税の対象となる財産の量が減るので、相続税を直接減らす効果があること、2つ目は将来、 …

【第35回】 退職金話法、その前に(所得税法)

通達よりまず法律!役員退職給与の基礎のキソ 【法人税基本通達9-2-32 役員の分掌変更等の場合の退職給与】は、税理士も、また税理士ではなくても法人へ生命保険を提案されるみなさまなどにはなじみのある通 …

【第31回】 進む事業承継への環境整備

事業承継税制はこう変わる 平成25年度税制改正で事業承継税制(非上場株式に係る相続税・贈与税の納税猶予制度)の見直しが行われました。 事業承継税制とは、中小企業の後継者が現経営者から株式を承継する際に …

【第28回】 相続時精算課税を使ってもよい人は?

精算課税を使ってもよい人 前回のコラムでご説明した相続時精算課税の落とし穴をふまえると、精算課税を使ってもよい人は、以下のいずれかに該当する方だけだと考えられます。 相続税がかからない人 財産が相続税 …

【第34回】 非上場株の贈与、増加中

自社株に譲渡制限が付されていたら 株主名簿がなく、株主の分かる資料が別表2の「同族会社等の判定に関する明細書(以降、別表2)」だけという会社は、決してめずらしくありません。 また、過去に株式の贈与があ …