【第1回】 「保険ギライ」:会社の「もしも」は考えるが、自分の「もしも」は優先順位が低い

第1回~24回

今回より、このコラムにて、日頃の業務やささいな出来事から感じたこと・考えたことなどをつづっていきたいと思っています。どうぞよろしくお願い致します。

税理士・会計士は「保険ギライ」?

初回のタイトルは「保険ギライ」です。
最初からこんなタイトルでは、保険会社の方に怒られてしまいそうですが、
以前、相続と保険に関連して講演をしたときに、参加者の方から「社長に保険を提案すると、すぐにダメ、と言うのは顧問税理士・会計士の先生なんです」と言われたことを思い出したからです。

そういえば、私の夫(会計士)も、あまり保険が好きではありません。今まで顧問先に保険の提案をしたことは一度もなく、当然、自分自身の保険にもつい最近まで興味はなかったようです。

決して顧問先のためを考えない旧態依然とした会計士というわけではなく、
会社や従業員を成長させたいと考える前向きで意欲ある社長の相談に、いつも熱心にのっています。社長から保険への加入を相談されれば、それを真っ向から否定することもありません。

会社の「もしも」は考えるが、自分の「もしも」は優先順位が低い

ただし、本業に真摯に取り組めば利益もキャッシュもあとからついてくる、という思いから、企業力を高めることに保険は直接寄与しないので、保険は不要と考えているようです。また、いい意味でも悪い意味でも、考え方がとてもポジティブです。

そんな彼と同じようなタイプの人は、私の知るオーナー経営者の中にもいます。
その方々の特徴は、

  • いくつになっても事業欲が強く、自分の退職や相続の話をされても、心に響かない
  • 本業第一で、会社さえしっかりしていれば、自分が死んでも残された家族が困るとは思わない
  • 会社の「もしも」は考えるが、自分の「もしも」については優先順位が低い

などです。

とはいえ、「社長は、オレのことはいいよ、っていつも言うけれど、遺言書も保険もないし株価対策もしていない。それって「オレ」じゃなくて「会社」の問題でしょ? もう平均寿命にも近いのに、息子や従業員はどうなるの?」とは、さすがの私にも言い出せません。

保険のメリットを知ってもらうには

経営者の視界には入っていない、でも明らかに存在している、ひとごとではない問題に、自分のこととしてどう目を向けてもらうか、それが税理士の力の見せ所なのでしょう。やり方に苦心する毎日です。

もしかしたら、私の夫も「保険ギライ」なのではなく、「保険知らず」だったのかもしれません。
昨年自分が入院したのをきっかけに、医療保険に加入し直しました。
保険知らずの人に保険のメリットを知ってもらうには、身を持って、がやはり一番早い方法だと分かりました。
どうやら「保険ギライ」も克服かな?

-第1回~24回

関連記事

【第7回】 妻が夫の口座から自分の口座にお金を移したら「贈与」になる?

普段、夫から家計の管理を任されている妻が 夫の預金口座からこっそり300万円を引き出し自分の口座に移しても それだけでは、このお金は妻のものにはなりません。 妻名義の口座にあるお金でも、それは正真正銘 …

【第24回】 株式会社・合同会社、どちらで作る?

個人事業の法人成りは、税務上の大きなテーマのひとつです。さらに「個人は増税・法人は減税」というここ数年のトレンドが、法人化の流れをより後押ししています。 個人に課される税金は、所得税・住民税の合計で最 …

【第23回】 税務署が贈与を見つけるとき

昨年の11月、国税庁のホームページに平成23事務年度における相続税の調査事績が公表されたとき、例年との違いについて大きな話題になりました。相続税に加え「贈与税」の調査事績も初めて公表されていたからです …

【第5回】 兄には絶対、財産を残したくなかったら?

「遺言書を作りたい」という男性が、事務所にお越しになりました。 子どもはなく、さらに妻にも先立たれ、ご両親も既に他界しているので、法定相続人は兄だけです。 でもその兄とは、お父様の相続のときにもめた結 …

【第16回】 広大地バンザイ?

※この「広大地の評価」は、平成29年12月31日以前に相続があった場合に適用できる規定です。 平成30年1月1日以降の相続については「地積規模の大きな宅地の評価」の適用を受けられるかを検討して下さい。 …