関連記事

【第38回】 謎だらけの過大役員退職給与(後編)

前回に引き続き、「過大役員退職給与」について考えます。 「いくらなら不相当に高額か」については謎だらけ 役員退職給与が「不相当に高額」か否かを類似法人と比較するため、審判所等では主に「功績倍率法」「1 …

【第54回】生命保険、一定枠まで非課税

銀行で、相続対策にもなるからと、生命保険を勧められました。 どのようなメリットがあるのか、具体的に教えて下さい。 生命保険が相続対策になる理由 定期預金が満期を迎えた高齢者らが 銀行の窓口で終身保険( …

【第57回】親の家 早めの売却も選択肢

自宅の階段の昇り降りがつらくなったと、実家の母がこぼしています。 親の自宅を売るタイミングによる税負担の違いがあれば教えて下さい。 親の自宅の売却、そのタイミングは? 「親の自宅をいつ売るべきか」とい …

【第7回】 妻が夫の口座から自分の口座にお金を移したら「贈与」になる?

普段、夫から家計の管理を任されている妻が 夫の預金口座からこっそり300万円を引き出し自分の口座に移しても それだけでは、このお金は妻のものにはなりません。 妻名義の口座にあるお金でも、それは正真正銘 …

【第10回】 贈与の証拠の残し方

先日、あるお客様から 「お孫さんへ贈与をするなら、当行の『定額自動送金サービス』がおすすめです、と 銀行の方に言われたのですが、先生、問題ないでしょうか」というお電話を頂きました。 問題、大ありです。 …